コンテンツにスキップする

メルケル首相に軽い震え、1週間で2度目-健康懸念再燃もG20出席へ

ドイツのメルケル首相は27日、公式行事の出席中に軽い震えに見舞われた。ここ約1週間で首相の震えはこれで2度目。健康状態への懸念が再燃した。

  メルケル首相(64)はシュタインマイヤー大統領の発言を隣で聞いていた際に震えが起きたとみられ、テレビ放映された行事にその様子が映っていた。

シュタインマイヤー大統領の発言を隣で聞くメルケル首相。震えはこの時に起きたとみられる

Source: TicToc

  メルケル首相は27日午後、大阪での20カ国・地域(G20)首脳会議に出席するため日本へと出発する。

  独政府のザイベルト報道官はメルケル首相の体調は問題ないと説明し、首相は予定通り職務を遂行すると述べた。

原題:Germany’s Merkel Has Second Bout of Shaking During Ceremony (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE