コンテンツにスキップする

「金かかる仲介」もう結構、ウォール街外しへ-フィデリティやTロウ

  • 他の投資会社と共に企業幹部との会合を独自に準備する予定
  • キャピタル・グループやノルウェー政府系ファンドも手を組むと米紙

ウォール街の銀行は、資産運用会社と企業の経営幹部の間を取り持つ仲介者という「金になる仕事」を失いつつある。

  米投資運用会社フィデリティ・インベストメンツTロウ・プライス・グループの26日の発表によれば、両社は他の投資会社と共に企業幹部との会合を独自に準備する予定だ。

  ファンドのアナリストと最高経営責任者(CEO)を引き合わせる役割を伝統的に担い、多額の代価を請求してきたウォール街の銀行の助けを借りることなく、一連の会合が設定されることになる。

  Tロウの広報担当者は発表資料で、「アクティブ運用とファンダメンタルリサーチのノウハウを持つ他社と組み、テーラーメードのリサーチサービスを投資家に提供する企業アクセスイベントや会議の開催で協力していく計画だ」と表明。フィデリティの広報担当チャールズ・ケラーは26日、「株主の利益のために深いファンダメンタルリサーチの能力を強化する方法を常に探っている」と説明した。

  26日の米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)によると、キャピタル・グループとウェリントン・マネジメント、ノルウェーの政府系ファンドはフィデリティおよびTロウと組み、企業トップとの会合を直接アレンジする。第1弾は来春ボストンで、生活必需品企業のトップを招いて行う見通しという。

  キャピタル・グループとウェリントンの担当者はコメントを控えている。

原題:Fidelity, T. Rowe Plan to Cut Wall Street Out of CEO Meetings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE