コンテンツにスキップする

ヘッジファンドのエリオットが独バイエル株保有、価値の高まり期待

  • 除草剤巡る訴訟対策で著名弁護士起用など、バイエルの措置を歓迎
  • 長期価値の最大化に向けた一段の取り組み促す

ヘッジファンド運営会社エリオット・マネジメントはドイツのバイエルについて株式11億ユーロ(約1350億円)相当の保有を公表するとともに、除草剤「ラウンドアップ」を巡る訴訟が決着すれば、株主価値が約300億ユーロ高まる可能性があると指摘した。

  著名弁護士ジョン・ベイズナー氏をアドバイザーとして起用するなど、バイエルが相次ぐ訴訟への対策を強化したことは「変化の一歩」だと、エリオットは26日の発表資料で言及した。バイエルは昨年630億ドル(現在の為替レートで約6兆7900億円)で米モンサントを買収。以降、同社の除草剤を巡る問題で投資家の不満にさらされている。

  ラウンドアップの発がん性を巡る訴訟の評決が相次ぐ中で、一部株主は4月の年次株主総会で経営陣や監査役会を激しく批判した。バイエルはラウンドアップの有効成分グリホサートとがんとの関連性は試験で示されていないと説明している。

  エリオットは「訴訟の問題解決が喫緊の優先課題であることは明らかだが、あらゆる利害関係者のためにバイエルが長期価値の最大化で一段の取り組みができるとエリオットは確信している」とし、「バイエルの現在の割安な株価は、同社を構成する事業の高い根本的価値や価値実現チャンスを反映していない」と指摘した。ただ、どのように価値を引き出せるかの詳細は示さなかった。

  バイエルは26日の発表資料で、ラウンドアップを巡る米訴訟対応に専念する監査役会委員会の設置を計画していると説明。ベイズナー氏がその委員会に助言を行うことや、同社が食品・農業に関連して取締役会のさらなる強化を目指していることを明らかにした。

原題:Elliott Urges Bayer to Settle Roundup Suits and Reap Rewards (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE