コンテンツにスキップする

ルノー・フィアット統合撤回に経産省は関与していない-同省幹部

経済産業省はフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)による仏ルノーへの統合提案の破談には関与していないと、同省幹部が明らかにした。

  ブルームバーグは21日、日本政府が統合はルノーと日産自動車の関係を悪化させるとして、ルノーの筆頭株主であるフランス政府に懸念を示したと報じた。これを受け、同政府が日産の支持を取り付けるために時間的な猶予を求めたことからFCAの提案取り下げにつながったと伝えた。

  経産省自動車課の河野太志課長は26日、この記事に対し、「事実無根」との見解を示した。詳細についてはコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE