コンテンツにスキップする

イラン、核問題で米国と対話する「扉は開かれている」-ボルトン氏

イランがしなければならないのは、改定された核協定への交渉に向け「開かれている扉」をくぐることだけだと、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が語った。

  米国とイランの対立は24日、トランプ大統領がイランの最高指導者ハメネイ師らに制裁を科したことで激化した。イラン側はこれにより外交の道が閉ざされたと言明。しかしボルトン氏は25日イスラエルで、外交交渉の機会がまだあると述べた。

  「大統領はイランの核兵器プログラムと弾道ミサイルシステムの追求、国際テロ支援、およびその他の悪意ある行動を完全かつ検証可能な形で排除するための真の交渉に扉を開いている」と発言。「イランがしなければならないのは、その開いた扉をくぐることだけだ」と訴えた。

原題:Iran Has ‘Open Door’ to Engage U.S. in Nuke Talks, Bolton Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE