コンテンツにスキップする

中国がフェデックスのブラックリスト入り検討、華為誤配で-関係者

  • 準備作業はほぼ完了、国の最高幹部らが最終決定へ
  • ブラックリスト入りなら米中関係はいっそう悪化する公算

中国は米フェデックスをいわゆる「信頼できない」企業のリストに追加することを検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。実際に決定されれば、米国との対立はいっそう悪化しそうだ。

  非公開の情報であることから匿名を条件に語った関係者によると、フェデックスのブラックリスト入りに必要な準備作業を中国の関係当局はほぼ終えている。国の最高幹部らが最終決定を下すと、関係者は述べた。

  華為技術(ファーウェイ)に対する米国の措置に対抗し、中国商務省は5月下旬に、国内企業の利益を害すると判断した企業を標的とするリストを策定すると発表。フェデックスはファーウェイが日本から中国に送付するつもりだった文書を承認なく米国に送ったとされ、中国当局者の不信を招いている。

  中国商務省はコメント要請に今のところ回答していない。外務省の耿爽報道官は24日、フェデックスがブラックリスト入りするのかとの問いにコメントしなかった。中国のフェデックスの代表者は米国本社にコメントを求めるようにと述べた。

原題:China Considers Blacklisting FedEx After Huawei Delivery Errors(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE