コンテンツにスキップする

米金融当局、中立金利の推計値を下方修正-景気刺激には利下げ必要に

  • 景気の加速、減速のいずれも招かぬ中立金利推計を2.5%前後に下げ
  • 現行のFF金利誘導目標ではもはや緩和的でないことを意味するか

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長をはじめとする金融当局者は、19日に公表した最新の経済予測で、景気の加速も減速も招かない中立金利の推計値を2.5%前後と、3月の前回予測の2.75%から下方修正した。2014年には4%と推計していたこともあった。

  現行のフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジが2.25-2.5%であることを踏まえると、米景気てこ入れのためにはさらなる低金利が必要とされる可能性を意味し、見通しへのリスクが高まる中で実際、当局者17人中8人は年内利下げが必要になるとの予想を示した。

Fed Chairman Jerome Powell Holds News Conference Following FOMC Rate Decision

記者会見したパウエル議長(6月19日)

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  7月利下げを見込むドイチェ・バンク・セキュリティーズのチーフエコノミスト、トルステン・スロック氏は「これは非常に重要だ。米金融当局は何年も、金融政策は緩和的で成長とインフレを支えると主張してきた」とし、「過去10年の緩和を経て、当局は政策がもはや景気刺激的でないと判断した」と語った。

Falling Rates

FOMC median estimate of long run or neutral funds rate has steadily dropped

Federal Reserve

  この結果、世界的な成長鈍化やトランプ大統領が進める貿易戦争に伴う通商面の混乱など、逆風の影響を克服して成長を押し上げたいと当局が望むなら、利下げが必要になりそうだ。パウエル議長は25日にニューヨークの外交評議会(CFR)で講演し、政策についての見解を示す予定だ。

  米ジョンズ・ホプキンス大学のジョナサン・ライト経済学教授は金融当局について、「成長鈍化はグレート・リセッション(大不況)よりも前からの生産性の動向や人口動態といった要因に起因するもので、近いうちに流れが反転することはないとの結論に至った」との分析を示した。

Aging Americans

Demographics is one factor lowering the outlook for long-term growth

Source: U.S. Census

Fed funds rate is near inflation-adjusted Laubach-Williams estimate

原題:Fed Lowers Long-Run U.S. Rate Outlook as Growth Outlook Dims(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE