コンテンツにスキップする

リクシルG:瀬戸氏がCEO復帰へ、株主側取締役が過半数確保

更新日時
  • 昨年10月から続いた経営トップ巡る混乱に終止符
  • 株主側提案の8人全員が選任-定時株主総会で

住宅設備大手LIXIL(リクシル)グループが25日に開催した定時株主総会で、株主側が提案していた瀬戸欣哉前社長兼最高経営責任者(CEO)を含む取締役8人全員が選任されたと同社広報担当の高田雅子氏が明らかにした。

Inside The Lixil Corp. Enokido Factory

リクシルのロゴ

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  株主総会では会社側が提案した福原賢一氏と竹内洋氏を除く6人の候補も選任。株主提案の取締役が過半数を上回ったため、復帰に意欲を見せていた瀬戸氏がCEOに就任する可能性が高い。

  リクシルGのトップ人事を巡っては昨年、瀬戸氏が社長兼CEOから退任し、創業家出身の潮田洋一郎会長がCEOに復帰していた。英投資会社マラソン・アセット・マネジメントなどリクシルG株主の一部はトップ交代の経緯にガバナンス上の問題があるとし、潮田会長と山梨社長の解任を要求。潮田氏は会長を退任する意向を表明していた。

  総会に向けて会社側は候補者10人のうち8人の賛否を問う議案と、株主提案と重複する元あずさ監査法人副理事長の鈴木輝夫氏と元最高裁判所判事の鬼丸かおる氏の2人についての議案にわけて提案。株主側の議案には瀬戸氏のほか、鈴木氏と鬼丸氏を含め計8人が名を連ねていた。

(会社側の発表を踏まえて記事を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE