コンテンツにスキップする

グーグルが社員に警告、公式イベントで自社への抗議活動自粛求める

  • ユーチューブはLGBTQへの嫌がらせを巡る対応で批判浴びる
  • 一部社員は今週末のイベントで社のポリシーに対する抗議活動計画

グーグルはLGBTQ(性的少数者)の「プライド」期間中に行われる社の公式イベントで、社員が同社に対する抗議活動を行わないよう警告した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  一部の社員は今週末にサンフランシスコで行われるプライドのパレードで、ユーチューブ上でのLGBTQへの嫌がらせに関する社のポリシーに抗議を示す活動を計画している。

  グーグルの動画共有サイトであるユーチューブは、コメディアンでコメンテーターのスティーブン・クラウダー氏が人種差別的で同性愛者を嫌悪するジョークを飛ばす様子を撮影した動画を巡る対応で批判を浴びている。一部のグーグル社員はツイッターでユーチューブへの批判を展開し、少人数のグループは先週、親会社アルファベットの年次株主総会に合わせて抗議活動を企画した。

Google Contractors Protest At Alphabet Annual Meeting

アルファベット年次株主総会の会場の外で行われた抗議活動(6月19日)

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

  グーグルは社員が同社の正式な代表団とともに行進するならば、同社に抗議しないよう警告した。そうした場合は社の行動規範に違反すると、関係者が閲覧した社内資料に記されている。この資料については情報サイトの「ザ・バージ」が先に報じた。グーグルの広報担当者は24日、コメントを求める要請に回答していない。

原題:Google Warns Staff About Protests During Official Pride Events (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE