コンテンツにスキップする

トランプ大統領と習主席は合意するのか-トレーダーは期待していない

  • トランプ米大統領と習近平中国国家主席は今週日本で会談の予定
  • 貿易紛争が過去1年の市場の重し-解決の可能性ほとんどない

トランプ米大統領と習近平中国国家主席の会談を控え、ファンドマネジャーらはポジションを変えていない。大きな進展があるとは期待していないという。

  中国の投資家の間で共通の見解は、両首脳が突然合意に達し、過去1年の市場の重しになっていた貿易紛争が解決する可能性はほとんどないというものだ。ファンドマネジャーの多くは、国内向け業務が中心のディフェンシブ銘柄を引き続き選好している。外国為替トレーダーは人民元の若干の下落を見込んでいる。

  マネジャーらの見方は以下のようなものだ。

  • 「具体的な成果があると本当に期待している人などいない」 - キャロライン・ユ・モーラー氏
  • 「貿易問題の解決策が見つかる可能性は非常に小さい」 - フランク・ツイ氏
  • 「押し目買いを入れるのは、はるかに大規模に状況が悪化してからだ」 - ブライアン・チェン氏
  • 「われわれの立場は様子見だ」 - ダニエル・ジェラルド氏

  トランプ氏は先週、習主席との会談に楽観的だとツイートし、一部の市場参加者に不意打ちを食らわせた。トレーダーはあわてて人民元相場とボラティリティーの上昇を見込む取引に殺到した。

Chinese shares have been buffeted by shifts in sentiment on the trade dispute

  しかし米政府は週末には米製品の調達を禁止する中国のテクノロジー企業の対象を拡大。緊張緩和に向けた進展と後退の繰り返しは、投資家が会談の行方について具体的な見通しを抱く助けにならない。

  BNPパリバ・アセット・マネジメントの大中華圏株式責任者のキャロライン・ユ・モーラー氏は「貿易交渉についても景気についても明瞭な見通しを欠く現状では、いずれの方向にせよ市場でためらいなく賭けるのは非常に難しい。会談で何らかの進展はあろうが、両首脳が合意に達し、不安が消え去るようなことはありそうにない。このため本気で弱気にも強気にもなれない」と述べた。

Chinese currency is paring last week's gains ahead of G-20 summit

原題:Trump and Xi to Seal a Deal? Traders Aren’t Holding Their Breath(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE