コンテンツにスキップする

中国の復星、ブラックロック出資のロシア産金会社買収を検討-関係者

  • GVゴールドの過半数株取得に向け招金鉱業などとの共同提案を検討
  • 合意に至った場合、GVゴールドは約10億ドルと評価される可能性

中国の複合企業、復星国際率いるコンソーシアムは、米ブラックロックが出資するロシアの産金会社GVゴールドの過半数株式取得に向けて協議している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  情報が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところでは、復星は招金鉱業などパートナー企業との共同提案を検討している。合意した場合、GVゴールドの企業価値は約10億ドル(約1070億円)と評価される可能性があるという。

  GVゴールドはシベリアの幾つかの鉱床で採掘を行っており、昨年の生産量は30万4000トロイオンスと、2016年からほぼ倍増した。ブラックロックは07年に同社の価値を5億ドルと評価する内容で合意した後、約18%の株式を保有している。

  関係者によると、最終決定は下されておらず、交渉が合意に至る確実な見込みはない。復星と招金、GVゴールドの担当者はいずれもコメントを控えた。

原題:Fosun Said to Mull Takeover of $1 Billion Russian Gold Miner (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE