コンテンツにスキップする

米景気に警戒信号-小型株と運輸株の指標が09年以来の低水準に接近

  • 小型株と運輸株はS&P500種との比較でパフォーマンスが悪化
  • 小型株と運輸株の低迷は、無視できない警告だと弱気派は指摘

S&P500種株価指数は過去最高値圏にあるが、景気を予見することで知られる株式市場の一部の動きが、世界金融危機を想起させる警戒信号を発している。

  小型株と運輸株のパフォーマンスは株式市場の他の部分よりもはるかに急速に悪化しており、S&P500種との比較で2009年以来の低いレベルに今にも到達しそうだ。投資家にとって、小型株と運輸株の下落は、市場の水面下で成長を巡り思案が巡らされている状況を反映する動きともいえる。

  コーナーストーン・ウェルスのマネジングパートナー、ジェフ・カーボーン氏は「この相場がどちらの方向に進むかはなお不確実であり、予測困難だ。危機を脱したかどうかは分からない」と述べた。

Performance of small caps and transports are deteriorating versus the S&P 500

  景気全般の動向を反映して変動する運輸株や、売上高の大部分を内需に依存する小型株の低迷は、無視できない警告だと弱気派は指摘する。債券利回りの低下は景気が完全に良好ではないことを示唆するシグナルとなっているが、景気敏感株の下落はそれをさらに補強する。

  ダラス連銀が24日発表した予想外に弱いテキサス州製造業景況指数を受け、懸念が一層強まった。S&P500種が0.2%安にとどまったのに対し、小型株で構成するラッセル2000指数は1.3%下落し、ダウ運輸株平均は1.5%値下がりした。

  ラッセル2000指数はS&P500種との比較で16年以来の低水準となり、09年以来の水準に迫っている。小型株の低迷は過去により広範な相場下落の前触れとなっており、最近では昨年6月にS&P500種との比較でピークを付け、10-12月(第4四半期)の相場急落の前兆と受け止められた。

Stateside economic data has underwhelmed since February

原題:Two Groups of Stocks About to Send Crisis-Era Signals on Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE