コンテンツにスキップする
Photographer: Nikki Kahn/The Washington Post /Getty Images

アップルがシアトルの拠点拡大、オフィスをリース-増員計画も拡張

  • アマゾン本社近くでオフィススペースのリース契約締結
  • シアトル地域で今後5年間に2000人を追加採用へ
SEATTLE, WA - AUGUST 9: The Amazon campus, center glass buildings, seen in this aerial view, sprawls toward the south end of Lake Union in Seattle, Washington, on Friday, August 9, 2013. Jeff Bazos, the founder of Amazon, is the new owner of The Washington Post via Getty Images. (Photo by Nikki Kahn/The Washington Post via Getty Images)
Photographer: Nikki Kahn/The Washington Post /Getty Images

アップルが、シアトルの拠点を大きく拡大しつつある。同社は以前発表した増員計画を拡張し、向こう5年で2000人を追加採用する。

  ジェニー・ダーカン市長のオフィスによると、アップルは333デクスターのオフィススペースのリース契約を締結した。サウス・レイク・ユニオン近くの同物件はキルロイ・リアルティーが開発を担当、広さは66万平方フィート(6万1300平方メートル)ある。付近には米アマゾン・ドット・コムの本社のほか、グーグルやフェイスブックのオフィスも存在する。

  アップルのシアトルにおける従業員数は約500人。同社は昨年12月、テキサス州オースティンの拠点への10億ドル(約1070億円)投資を含む全米規模の事業拡大計画の一環として、今後3年間にシアトル地域で1000人増員する計画を発表していた。

原題:Apple to Expand Footprint, Hiring in Seattle With Office Lease(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE