コンテンツにスキップする

債券トレーダーに警告、全員が一致の取引は通常良い結果生まない

  • 米国のイールドカーブはスティープ化、他の先進市場ではフラット化
  • 世界経済に対するセンチメントが改善すると誰もが同時に解消の恐れ

世界のイールドカーブの今後の動きについて、債券ストラテジストの見方はほぼ一致している。つまり、取引が一方的になるリスクがそこにある。

  ウォール街の著名ストラテジストはほぼ全員が、米金融当局の利下げで米国債イールドカーブはスティープ化し、他の先進国市場では世界的な成長減速に伴いフラット化すると予想している。先週はユーロ圏の量的緩和(QE)再開の観測から欧州債イールドカーブのフラット化予想が勢い付いた。

  ストラテジストが推奨するこの取引はこれまでのところ利益が出ているが、この見通しに基づき構築されたポジションはますます膨らんでいる。ポジションが一方向に偏っているため、世界経済に対するセンチメントが改善すれば、誰もが同時に解消を図り市場が混乱するリスクがある。

  とはいえ、現時点ではバンク・オブ・アメリカ(BofA)、バークレイズ、ゴールドマン・サックス・グループ、JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー、ナットウェスト・マーケッツ、TDセキュリティーズがいずれも、米イールドカーブのスティープ化を見込む取引を勧めている。

Previous two times Fed has cut rates, the yield curve steepened

  ユーロ圏については、欧州中央銀行(ECB)の中銀預金金利は既にマイナス0.4%で利下げ余地が小さい。このため量的緩和(QE)再開が選択肢として浮上し、ストラテジストらは長期債が短期債をアウトパフォームすると想定した取引を推奨している。

  日本の投資家は利回り追求で知られるが、残念なことに日本の投資家が好む海外の債券の利回りは最近数カ月に急低下した。このため日本の投資家は超長期の日本国債を選好する可能性が高い。ゴールドマンやモルガン・スタンレーは日本国債のイールドカーブ・フラット化を見込んだ取引を勧めている。

Two bond trades recommened for QE era are already working
Japanese curve flattens as yen-hedged yields abroad evaporate

原題:Warning to Bond Traders: Consensus Trades Don’t Usually End Well(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE