コンテンツにスキップする

トランプ大統領、医療費開示を義務付ける規則策定命じる

  • 大統領令に署名ー検査や手術などの費用を事前に開示するよう求める
  • 提案の詳細受け、24日の取引で医療保険関連株は下落

トランプ米大統領は24日、検査や手術、他の処置にかかる費用を医療機関が事前に患者に開示することを求める大統領令に署名した。

  トランプ大統領が求めている連邦規則は、患者が通常の処置にかかる医療費を知るべきだという比較的シンプルな考えを推進するものだ。こうした医療費は、病院とその交渉相手である保険会社との間の企業秘密であるのが一般的。政権は、患者に対し予想される自己負担額を医療機関と保険会社に事前に提示させることも目指している。

  トランプ大統領は24日にホワイトハウスで「われわれはヘルスケア市場の性質を根本から変える」とし、「料金は信じられないほど下がるだろう」と語った。

  ただ大統領令の実際の内容を見ると、医療費情報がどの程度開示されるか大きな疑問が残る。大統領令が厚生省に策定を命じた規則は、「交渉して設定されたレートに基づく医療費や情報を含め、標準的な医療費の情報」を利用者が理解できるような形で公表するよう医療機関に義務付けるものだ。規則案は60日以内の策定が求められている。

  提案の詳細はこの日、署名より前に明らかになった。これを受けて医療保険関連株は下落。S&P500管理健康医療株指数は1.1%安で引けた。

  医療機関と保険会社との契約の下、医療費の多くはベールに包まれている。雇用主や患者はそうした秘密性が医療費を高い水準にとどめ、医療サービスの選択をさらに困難にしていると批判している。

原題:Trump Order Pushes for Disclosure of Secret Health Prices (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE