コンテンツにスキップする

米朝の状況は「改善」、親書交換で-ポンペオ国務長官

更新日時
  • 北朝鮮が協議再開の用意あることを示せば「直ちに」応じる用意
  • トランプ大統領が金委員長に親書を送ったことをポンペオ長官は確認

ポンペオ米国務長官は23日、米朝首脳の親書交換を受け、両国の状況は以前より「良くなった」と述べ、トランプ米大統領が再び、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との関係を生かし協議再開を目指すと示唆した。

  ポンペオ長官は中東や20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれる日本などの歴訪に先立ち、ワシントンで記者団に、トランプ大統領が金委員長に親書を送ったと認めた。

Secretary Of State Pompeo Says Iran Responsible For Attack On Two Oil Tankers

ポンペオ米国務長官

撮影:Andrew Harrer / Bloomberg

  

  北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は22日、金正恩委員長が受け取ったトランプ大統領からの親書は「素晴らしい内容」で、金委員長や朝鮮人民軍の当局者が「満足」していると報じた

  ポンペオ長官は、過去2回の米朝首脳会談で北朝鮮から非核化の確約が得られなかった事態を受けて、米国は追加協議の準備をしていると語った。

  トランプ大統領の親書については、「朝鮮半島の非核化に向けた北朝鮮との重要な議論をわれわれが継続するための良い礎となることを望む」と発言。「北朝鮮が話し合いの用意があることを示せば、われわれは本当に直ちに始める準備が整っている」と語った。

原題:Pompeo Says U.S. in ‘Better Place’ on North Korea After LettersPompeo Confirms Trump’s Letter to Kim, Is Ready to Restart Talks(抜粋)

(リードにポンペオ長官のコメントを加えてアップします.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE