コンテンツにスキップする

ソフトバンク孫社長、5年以内のアーム再上場を目指す

ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義社長は22日、SBG傘下の半導体設計会社、英アーム・ホールディングスを5年以内に再上場したい考えを示した。

  孫社長は台北で発言したもので、再上場先をどこにするかまだ決めていないと語った。

Key Speakers At The G2 and Beyond Conference

孫正義社長(6月22日)

Photographer: Billy H.C. Kwok/Bloomberg

  トランプ米政権による事実上の禁輸措置の対象となっている華為技術(ファーウェイ)との関係を巡っては、アームとして米国の規制および中国との同社の関係をいずれも尊重していると指摘。ファーウェイに対する米国の措置を順守するとともに、その明確化を要請していると説明した。

原題:SoftBank’s Son Aims to Re-List Chipmaker ARM Within 5 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE