コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数、週間で2018年以来の大幅安-米利下げ観測で

21日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が4日続落。週間ベースでは1年4カ月ぶりの大幅安となった。年内の米利下げ見通しが強まっていることに注目が集まった。一方、ユーロは3カ月ぶりの高値を付けた。

  • ニューヨーク時間午後4時30分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下。取引終盤に下げを拡大した。週間では1.3%安と、2018年2月以来の大幅安 
  • ドルは主要10通貨の大半に対して下落。同10通貨ではユーロが上昇率上位。週間ではノルウェー・クローネとスイス・フランが大きく上昇、ドルは下落率トップ
  • ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合で0.5ポイントの政策金利引き下げを主張したと明らかにした
    • トランプ大統領は米海軍の無人偵察機が撃墜されたことを受け、イランへの報復攻撃をいったん検討したが、そうした行動を起こすのは「相応」ではないとの理由で攻撃を取りやめたことを明らかにした
    • マークイット・エコノミクスが発表した6月の米製造業購買担当者指数(PMI)速報値は2009年以来の水準に低下。一方、5月の米中古住宅販売件数は持ち直した
  • インターコンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は200日移動平均線を割り込んだ
  • 米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.1%。前日は2016年11月以来の低水準を付けていた。同利回りは週間では2012年以来最長の7週連続低下
  • 米商務省は中国の5つの組織に対し、米国のサプライヤーからの部品調達を禁止した。ホワイトハウスのナバロ国家通商会議(NTC)委員長は、中国は自国通貨を操作していると述べた
  • ドルは対ユーロで0.7%安の1ユーロ=1.1367ドル。対円ではほぼ変わらずの1ドル=107円33銭

欧州時間の取引

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数が安定推移。週末を控えてドルのショートを減らす動きが広がった。ただし、週間では昨年2月以来の大幅安となる勢い。FOMCが今週の会合後に政策緩和に前向きな姿勢を示唆したことが背景。

原題:Dollar Set for Biggest Weekly Loss Since Feb. 2018: Inside G-10(抜粋)                        
 Dollar Faces Worst Week in 16 Months; Euro Climbs: Inside G-10

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE