コンテンツにスキップする

米中古住宅販売:5月は予想上回る増加-4地域全て伸びる

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が発表した5月の中古住宅販売件数は、3カ月ぶりの水準に増加した。4地域全てで販売が伸びた。

キーポイント
  • 中古住宅販売件数(季節調整済み、年率)は前月比2.5%増の534万戸
    • エコノミスト予想の中央値は530万戸
    • 前月は521万戸(速報値519万戸)に上方修正
  • 中古住宅価格(中央値)は前年同月比4.8%上昇の27万7700ドル

U.S. existing home sales pick up with broad gain

インサイト

  • 今回の増加は、回復が順調に進んでいない住宅市場にとって明るい兆し。低い住宅ローン金利や力強い労働市場が初回購入者の一助となっている。ただ、住宅販売のペースは景気拡大期のより早い段階からは減速している
  • NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏:「住宅購買力は住宅ローン金利の低下に支えられており、買い手も反応している」

詳細

  • 地域別では4地域全てで販売が増加。特に伸びたのは北東部で4.7%増
  • 購入者全体に占める初回購入者の比率は32%と、前月から変わらず
  • 販売に対する在庫比率は4.3カ月。前月は4.2カ月だった
  • 統計表

原題:U.S. Existing Home Sales Top Estimates as All Four Regions Gain(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE