コンテンツにスキップする

イラン:有人の米哨戒機は標的にせず、ドローン撃墜の際

イランは20日に米軍のドローンを撃墜した際、一緒に飛行していた有人の米哨戒機の方は標的にしないことを決めたと、イスラム革命防衛隊のハジザデ航空宇宙部隊司令官が明らかにした。

  タスニム通信は同司令官を引用し、「無人機と並行してPー8哨戒機が飛行しており、その哨戒機には35人が乗っていた」と報道。「この哨戒機はまた、わが国の空域を侵犯した。われわれはそれを標的にすることもできたが、そうしなかった」と伝えた。

  米国側は撃墜されたドローンについて、国際空域を飛行していた際に撃墜されたと主張している。

原題:Iran Says Chose Not to Shoot Down a U.S. Plane Over Its Airspace(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE