コンテンツにスキップする

鴻海の新会長に劉揚偉氏、台湾総統選目指す創業者の郭台銘氏退く

  • 半導体部門のトップを務める劉氏が7月1日に会長に就く
  • 鴻海の株価は1%を超える値下がりとなった

米アップルの「iPhone(アイフォーン)」受託生産で最大手の鴻海精密工業は、創業者の郭台銘(テリー・ゴウ)氏に代わる新会長に劉揚偉氏を指名した。来年の台湾総統選挙への出馬を目指す郭氏は退任し、半導体部門のトップを務める劉氏が7月1日に会長職に就く。

  政治活動に集中するため経営の第一線から退くとみられていた郭氏は、台北で21日開催された年次株主総会で、正式に鴻海のかじ取りを劉氏に委ねた。同社筆頭株主である郭氏は、取締役会にはとどまる。

TAIWAN-IT-TECHNOLOGY-SHOW

劉揚偉氏

写真家:ゲッティイメージズによるマンディチェン/ AFP

  フォックスコン(富士康)としても知られる鴻海を率いることになった劉氏には、米国と中国の貿易を巡る対立激化に伴う消費者心理の悪化など厳しい環境が待ち受けている。同社工場の大半は中国本土にあり、関税報復合戦による影響も懸念される。

  株主総会終了後に記者団の取材に応じた劉氏は、「とても複雑な気持ちだ」と述べながらも、「株主の利益を最大化するために取り組んでいく」と誓った。21日の台湾株式市場で、鴻海の株価は前日比1.2%安で引けた。

原題:IPhone Maker Names New Chairman to Replace Billionaire Terry Gou(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE