コンテンツにスキップする
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

金相場、13年以来の1400ドル超え-中銀のハト派シフトとドル安で

A 12.630 gram gold bar, the third one owned by Deutsche Bundesbank, sits on display in the German national gold reserve exhibition inside the Deutsche Bundesbank in Frankfurt, Germany, on Friday, April 13, 2018. Money is piling into the precious metal, taking holdings in global gold-backed exchange-traded funds to the highest since 2013 amid mounting Middle East tensions after a suspected chemical-weapons attack in Syria.
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

金相場が21日、2013年以来初めて1オンス=1400ドルを超えた。ドル下落や地政学的緊張の高まり、複数の中央銀行のハト派方向へのシフトが強気材料となっている。

  金直物は一時1.7%高の1411.63ドルを付けた。これは2013年9月以来の高水準。シンガポール時間午後0時16分(日本時間同1時16分)までに1405.74ドルで取引されている。ニューヨーク先物は一時1.3%高の1415.40ドルと、やはり13年9月以来の高値を記録した。ドルは3カ月ぶりの安値水準。

関連記事:FOMC:「辛抱強くなる」の文言削除-利下げの可能性を示唆

Gold heads for biggest weekly gain since April 2016

原題:Gold Surges Through $1,400 on Dovish Central Banks, Weak Dollar(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE