コンテンツにスキップする
Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

CLO取引に新時代か、シティグループが新プラットフォーム導入

  • 十分に機能していない市場の一角を修復するのが目的とベジャイル氏
  • CLO取引でのシティの市場シェアも大幅に伸びている-チャン氏
A man walks past Citigroup Inc. offices in New York.
Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

ブライアン・ベジャイル氏が15年前に米銀シティグループのローン担保証券(CLO)部門に加わった時、顧客は主に電話で注文を出していた。

  CLOの市場はそれから急拡大し約6000億ドル(約64兆2500億円)規模となったが、取引方法に大きな変化はない。投資家が保有するCLOを他の運用者に売ろうとする時はディーラーが電話またはチャットルームを通して注文を集めるという、大部分が手動の作業だ。

  そこで、CLO引き受けで最大手のシティは流通市場でCLOを注文するための電子プラットフォームを導入することにした。これによって、投資家は保有CLOをこれまでよりも素早く売却できるようになるかもしれない。十分に機能していない市場の一角を修復することが目的だとベジャイル氏が述べた。

  現在はシティのローンおよびCLO取引プラットフォーム担当マネジングディレクターを務める同氏は、「費やす時間に対して、望む取引が実際に成立する確率は相当低い」と述べた。「投資家にとっていら立つプロセスであり、買い手がくたびれてしまって結局売買が成立しないこともある」という。

Tough Competition

CLO trading volume on BWIC auctions reached $26.1 billion in 2018 in the U.S.

Source: Citigroup's research unit

*2019 figures are year-to-date

  シティは今月、機関投資家との相互活動に使用されるプラットフォーム「シティ・ベロシティー」に、オークション用の新しいアプリケーションを導入した。以来、CLO取引でのシティの市場シェアも大幅に伸びていると、仕組み信用商品および証券化取引のグローバル共同責任者マット・チャン氏が述べた。

原題:Citigroup Is Trying to Take CLO Trading Out of the 1990s (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE