コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル続落、2日間の下げ幅は過去1年4カ月で最大

更新日時

20日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が続落。2日間の下げが過去1年余りで最大となった。早ければ7月にも米利下げが実施されるとの見方が織り込まれている。

  • ニューヨーク時間午後4時35分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.6%低下。ここ2日間の下げとしては、昨年2月以来の大きさ。ドルは主要10通貨に対して全面安。一方、ノルウェー・クローネは上げが目立った。ノルウェー中央銀行が利上げを決定し、年内の追加利上げを示唆したことが背景
  • ゴールドマン・サックス・グループのグローバル為替戦略責任者、ザック・パンドル氏:
    • 利下げは比較的高い利回りからドルが得ている優位性を徐々にむしばみ、ドルの打撃になる
  • モルガン・スタンレーのハンス・レデカー氏:
    • 7月に利下げとなれば、「さらなるドル安への道が開かれる可能性がある」
  • 米10年債利回りはほぼ変わらずの2%。一時は1.97%と、2016年11月以来の低水準を付けた
  • ドルは対円で0.7%安の1ドル=107円38銭。一時は10723銭と、1月3日以来の安値。5月初旬以降で最長の4営業日続落となった
  • 対ユーロでは0.5%下げて1ユーロ=1.1286ドル
Dollar touches three-month low as Fed sees lower rates

欧州時間の取引

  中銀の政策が為替市場に影響し、米連邦公開市場委員会(FOMC)のハト派傾斜を受けてドルが下げを拡大。ノルウェー中銀の利上げを背景に、ノルウェー・クローネは上昇した。円とポンドも高い。日本銀行は金融政策の現状維持を決めたほか、イングランド銀行(英中銀)も政策を据え置くとの見方が広がった。

原題:Dollar Heads for Biggest Two-Day Loss in 16 Months: Inside G-10(抜粋) Dollar Drops, Krone Rallies on Norges Bank Guidance: Inside G-10

(相場を更新し、新たな情報を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE