コンテンツにスキップする

フィラデルフィア連銀製造業指数:6月は低下-4カ月ぶり水準

米フィラデルフィア連銀が20日発表した6月の製造業景況指数は4カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。販売価格の下落を報告した企業数が増えた。米国の製造業部門が勢いを失っていることを示唆する新たな指標となった。

キーポイント

  • 6月の製造業景況指数は0.3
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想のうち、1人を除く全員の予想を下回った
    • 予想中央値は10.4
    • 5月は16.6

  17日発表された6月のニューヨーク連銀製造業景況指数はマイナス8.6と、統計開始後で最大の低下幅を記録した。

  6月のフィラデルフィア連銀指数は、サブ指数のうち現況の新規受注や出荷が低下。販売価格は前月比17ポイントほど低下して0.6と、2016年10月以来の低水準となった。

  • 統計表

原題:Philadelphia Fed Manufacturing Gauge Slips to Four-Month Low(抜粋)

(詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE