コンテンツにスキップする

トルコ大統領、米国の制裁には報復すると警告-ミサイル導入巡り

トルコのエルドアン大統領は、米国が制裁を課した場合には報復すると表明した。トルコはロシア製ミサイル防衛システム「S400」の導入を計画しており、これに反発する米国との関係は複雑化している。

  エルドアン大統領は20日、外国報道機関との会合で、「米国に対して独自の制裁を課すだろう」と述べたが、詳細への言及は避けた。トランプ米大統領との関係については「非常に良好だ」とした上で、「トルコとトランプ大統領の下で働くスタッフとの関係は全く別だ」と述べた。

  エルドアン大統領は大阪で来週開催される20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)でトランプ氏と「S400」の購入について協議する意向を明らかにした。

  「S400」は7月前半にもトルコへの導入を開始する見通しで、トルコ軍はすでに配備先を決定していると、エルドアン氏は述べた。これとは別に事情に詳しいトルコ当局者2人によると、7月の第1週にも到着する可能性がある。

原題:Erdogan Threatens Reprisal Against Any U.S. Missile Sanction (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE