コンテンツにスキップする

米企業レパトリ、海外利益のごく一部にとどまる-経常赤字は縮小

更新日時

米企業が本国に還流した海外利益は1-3月(第1四半期)に1002億ドル(約10兆8000億円)。米議会が税制を改正し、企業に一段の還流を促して以降、戻ってきた総額は8768億ドルとなった。

  同レパトリエーション(国外滞留資金の本国環流)はトランプ大統領が2017年の税制改革の結果戻ってくると想定した4兆ドルを下回る。投資銀行やシンクタンクは米企業が海外に保有する資金について、税制改革法が成立した時点で1兆5000億-2兆5000億ドルと見積もっていた。

  税制改革前、企業は米国への資金還流時に課される35%の税金を回避するため、海外利益の大半を国外で保有していた。

  レパトリエーションの数字は1-3月の経常収支統計の一部として公表された。1-3月の経常赤字は1304億ドルで、前四半期の1439億ドル(速報値1344億ドル)から縮小した。

原題:Corporate America Is Repatriating a Fraction of Foreign Profits(抜粋)

(レパトリの情報を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE