コンテンツにスキップする

債券市場は満足せず、米金融当局は口先だけでなくさっさと利下げを

  • 市場は7月FOMCでの0.25ポイント超の利下げを織り込む
  • 金融当局は結局、市場を追いかけざるを得なくなるだろう

10年以上で初の利下げ検討にハンドルを切るよう、米国債市場が連邦準備制度を追い込んだかのようだ。そして市場は今、金融当局者らにさらに進軍を命じ、さっさと利下げをするよう迫っている。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)は19日、金融政策姿勢について「辛抱強くなる」の表現を削除した。FOMC参加者17人中8人が年内の利下げを想定している。

  トレーダーらは早ければ7月の次回FOMC会合での行動を示唆する水準まで相場を押し動かした。デリバティブ(金融派生商品)市場は現在、同会合での0.25ポイント超の引き下げを織り込んでいる。2年物米国債の利回りは20日に1.71%と1年半ぶりの低水準となった。2年債と10年債のスプレッドは、今年の最大レベルに向かって拡大した。

  つまり、利下げの用意があると口にするだけでは市場は満足しないと見られる。実際に利下げをするまで、米国債市場は鎮まらないだろう。

  ナットウェスト・マーケッツの米州戦略責任者ジョン・ブリッグス氏は、「市場はさらに多くを求めつつある」と述べた。「FOMCメンバーの半数が利下げが必要だと思ったのなら、なぜ6月の会合でその通りに行動しなかったのか。金融当局は結局、市場を追いかけざるを得なくなるだろう」と話した。

Traders double down on wagers for July Fed rate cuts

  ナットウェストのエコノミストらは、2019年の利下げ時期予想を9月と11月から7月と9月に前倒しした。

原題:Bond Market Screams at Fed: Don’t Dawdle on Those Rate Cuts (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE