コンテンツにスキップする

豪中銀総裁、追加利下げの可能性重ねて示唆-想定「非現実的でない」

オーストラリア準備銀行(中央銀行)のロウ総裁は、追加利下げを想定しても「非現実的ではない」との考えをあらためて表明した。

  ロウ総裁は20日の講演で、労働市場が最近の政策決定で中心的役割を果たしてきた理由を説明。今月実施した0.25ポイントの利下げによって、経済成長鈍化と改善に乏しい失業率の軌道を「大幅にシフト」させると期待するのは現実的でないと語った。

RBA Governor Philip Lowe Delivers Testimony to the House of Representatives' Standing Committee

ロウ総裁

Photographer: Brendon Thorne/Bloomberg

  アデレードでの講演のテキストで、ロウ総裁は「利下げの可能性は引き続き残されている」と指摘。「当局が経済の余剰生産能力を埋め戻し、インフレ率を中期的な目標に回帰させようと取り組むのに当たり、オフィシャル・キャッシュレートのさらなる引き下げを想定するのは非現実的ではない」と論じた。

  豪中銀は4日、失業率の押し下げとインフレ加速を目指し、約3年ぶりに主要政策金利オフィシャル・キャッシュレートを引き下げて過去最低の1.25%とした。

原題:Lowe Reiterates RBA Rate Cut on Table as Spare Capacity Persists(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE