コンテンツにスキップする

ブラジル株、終値ベースで初の10万超え-米金融政策や改革期待で

  • ボベスパ指数は0.9%高で終了-今年これまでの上昇率は14%に
  • FOMC声明のハト的姿勢とブラジルに利下げ余地との見方

19日のブラジル株式市場で指標のボベスパ指数は初めて100000を超えて終了した。米連邦公開市場委員会(FOMC)声明のハト派的姿勢が世界的に資産価格を下支えしたほか、ブラジルでの利下げの可能性が高まる兆しが示唆された。

  ボベスパ指数は前日比0.9%高の100303.41で終了。今年これまでの上昇率は14%に達した。

  アライアンス・バーンスタインのポートフォリオマネジャー、モルガン・ハーティング氏はブラジルについて「新興市場の中で、利益の高い伸びと妥当なバリュエーション(株価評価)、意味のある金利低下余地、さらに市場が歓迎する改革に一定の可能性と望ましい条件が集まっている」と語った。

Brazil's benchmark index has risen 14% so far this year

  投資家はボルソナロ政権が最重要課題に掲げる社会保障改革が承認される可能性が高まりつつあるとみる。同改革は財政赤字削減に極めて重要と捉えられている。

  ヘッジファンド会社のバイア・アセット・マネジメントは、ボベスパ指数は年末までにさらに20%上昇し120000前後に達する可能性があると分析した。

  長期的に金利は低下傾向との見通しも支援材料。ブラジル中央銀行がまとめた週間調査によると、政策金利は過去最低の現行6.50%から年末までに5.75%に引き下げられるとエコノミストらは予想している。

原題:Brazil Stocks Close at Record on Dovish Fed, Reform Optimism(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE