コンテンツにスキップする

英保守党党首選、第3回目もジョンソン氏首位-リードさらに拡大

  • 2位はハント外相、3位にゴーブ氏-スチュワート国際開発相は脱落
  • ジョンソン氏の得票数は143票と、前回の126票から増加
ジョンソン前外相

ジョンソン前外相

Photographer: Simon Dawson/Bloomberg
ジョンソン前外相
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

英与党・保守党は19日、メイ首相の後任を決める党首選の第3回投票を行い、ジョンソン前外相が143票を獲得し首位で通過した。一方、スチュワート国際開発相は脱落した。

  ジョンソン氏は2位のハント外相や3位のゴーブ環境・食料・農村相との差をさらに広げ、党首選をリード。ジョンソン氏の得票数は第2回投票の126票から増加した。ハント氏は54票(前回46票)を獲得、ゴーブ氏は51票(同41票)と、いずれも前回から得票数を伸ばした。

  ジャビド内相は38票を獲得、前回は33票だった。今回落選したスチュワート氏は27票(同37票)にとどまった。

Third-Round Tally

Boris Johnson extends lead in Tory leadership voting to become next U.K. prime minister

Source: Conservative Party

原題:Johnson Extends Lead in Race to be Next UK Premier; Stewart Out(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE