コンテンツにスキップする

バークシャーが出資の米アクサルタ、身売りを検討-株価急伸

資産家ウォーレン・バフェット氏

資産家ウォーレン・バフェット氏

Photographer: JOHANNES EISELE/AFP
資産家ウォーレン・バフェット氏
Photographer: JOHANNES EISELE/AFP

自動車用塗料メーカー、米アクサルタ・コーティング・システムズの株価が19日の米市場でここ1年余りで最大の上げ。同社は戦略的選択肢を「包括的に」見直す一環で身売りの可能性を検討していることを明らかにした。

  同社は19日付の発表文で、資本配分の変更や戦略計画執行のあり方も特別委員会が検討するとした。同委員会は社外取締役のマーク・ギャレット氏が委員長を務め、ロバート・ブライアント最高経営責任者(CEO)や社外取締役のサミュエル・スモリック氏も含まれる。

  アクサルタは長い間、PPGインダストリーズやアクゾノーベル日本ペイントホールディングスなど塗料大手の買収の標的になっている。

  19日の米市場でアクサルタ株は一時、前日比15%余り上昇。これは日中ベースでは2017年10月以来の大幅高。

  頻繁に買収の標的になってきた同社には、資産家ウォーレン・バフェット氏が会長を務めるバークシャー・ハサウェイの後ろ盾がある。ブルームバーグがまとめたデータによると、バークシャーはアクサルタの発行済み株式の10%を保有する筆頭株主。

Axalta's strategic review sent the stock soaring

  アクサルタはこの検討の結果や時期的めどに関して何ら確約はしておらず、検討完了まで追加の公式見解を示すことはしないと述べた。

原題:Buffett-Backed Axalta Jumps as Company Weighs Selling Itself (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE