コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

風力とソーラー、50年までに世界の電力の半分近く賄う公算

  • 電力需要62%増、新規プロジェクト投資1444兆円-今後30年
  • 石炭の割合、現在の37%から12%に低下する見通し
Photovoltaic panels stand at a solar farm operated by China Energy Conservation and Environmental Protection Group in this aerial photograph taken on the outskirts of Jiaxing, Zhejiang province, China, on Friday, Sept. 7, 2018. China is stepping up its push into renewable energy, proposing higher green power consumption targets and penalizing those who fail to meet those goals to help fund government subsidies to producers.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

風力・ソーラー発電やバッテリーのコストが大きく低下し続け、2050年までに再生可能エネルギーが世界の電力供給源の半分近くを占めるようになる。

  ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)が18日公表した19年版エネルギー見通しによれば、今後30年でのこうした大きな変化は、電力需要が62%増え、新規プロジェクトに向かう投資額が13兆3000億ドル(約1444兆円)に上ることが背景だ。

Power Shift

Wind, solar and other renewables will account for half of all power by 2050

Source: BloombergNEF

  BNEFによると、ソーラーと風力が50年までに世界の電力の50%近くを賄うようになる。それ以外の再生可能エネルギーと水力、原子力の割合は合わせて21%。石炭は現在の37%から12%に低下すると予想されている。

  再生可能エネルギーへのシフトを主導するのは欧州で、50年までに欧州の電力は92%が同エネルギーにより供給される見通し。石炭火力発電所を今は増やしている中国とインドだが、両国とも50年までには電力の3分の2近くを風力およびソーラーを中心に賄うようになる見込み。

  米国では50年までに再生可能エネルギーが電力の43%を占めるとBNEFは予測している。

原題:The World Will Get Half Its Power From Wind, Solar by 2050 (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE