コンテンツにスキップする

シーメンス、電力・ガス部門で2700人削減へ-20年までにスピンオフ

ドイツのシーメンスは電力・ガス部門で2700人を削減する。同社は先月、電力・ガス部門のスピンオフ(分離・独立)に向けて包括的な見直しを実施すると発表していた。

  18日の発表資料によると、人員削減は今後数年間かけて行われる見通しで、1400人はドイツ国内の従業員が対象となる。

  シーメンスは2020年までに同部門をスピンオフする計画を5月に発表した際、同部門以外で1万人を削減すると明らかにした。

原題:Siemens to Eliminate 2,700 Jobs at Energy Unit Due for Spinoff(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE