コンテンツにスキップする

イタリア財務相、政治を無視するよう投資家に呼び掛け-現政権は慎重

  • 欧州委員会との合意に努め、それを達成する-トリア財務相
  • GDP比2.1%の今年の財政目標、「手の届くところにある」

イタリアのトリア財務相は投資家に対して政治的なノイズを無視し、欧州連合(EU)の過剰財政赤字是正手続き(EDP)を回避するため同国のポピュリスト政権がいっそう取り組みを強化することを信頼するよう呼び掛けた。

Italian Finance Minister Giovanni Tria Speaks At Peterson Institute

イタリアのトリア財務相

Photographer: Alex Wroblewski/Bloomberg

  トリア氏は18日、ロンドンで開かれた投資家との会合で「われわれは欧州委員会と合意できるよう努め、それを達成する」と発言。「政権は以前よりも慎重だ。選挙運動の声に耳を傾けないでもらいたい」と述べた。

  並行通貨やイタリアのユーロ圏離脱に道を開くとされ、批判が上がっている「ミニBOT」構想については、「導入されるとは思わない。その点は明確にしておきたい」と強調。政府の目標は成長を刺激するため公的投資を増やすことだとし、国内総生産(GDP)の2.1%とする今年の財政赤字目標は支出圧縮と予想を上回る収入によって手の届くところにあるとあらためて主張した。

原題:Tria to Investors: Ignore the Politics, Italy Will Be Prudent(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE