コンテンツにスキップする

ユーロ圏、ECB利下げ織り込む-ドラギ総裁が追加刺激に言及

更新日時
  • 短期金融市場、9月までに0.1ポイント利下げあると織り込む
  • ドイツ債とフランス債利回りが過去最低、イタリア債も大幅低下

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がユーロ圏経済に追加の刺激策が必要となる可能性に言及したことを受け、市場は利下げを織り込んだ。

  ドラギ総裁が利下げは依然としてECBの政策手段の一部だと発言したことで、ユーロは下落しユーロ圏の国債と株は値上がりした。短期金融市場は中銀預金金利が9月までに0.1ポイント引き下げられるとの見通しを織り込んだ。

  景気見通しの悪化と世界的な緩和サイクル再開が近いとの観測から、欧州債の利回りは軒並み低下した。投資家は既に量的緩和(QE)再開も織り込み、イールドカーブのフラット化とスペイン債などの値上がりを見込んで取引している。

  ドイツ10年債利回りは6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下しマイナス0.308%と過去最低を更新。フランス10年債利回りは初めてゼロに下げた。イタリア10年債利回りは一時16bp低下し、2018年5月以来となる2.14%をつけた。ストックス欧州600指数は1%高。通貨安誘導を非難するトランプ米大統領のツイートを受けてユーロは下げ幅を縮め、0.2%安の1ユーロ=1.1195ドル。

German yields are at record lows with the ECB sounding increasingly dovish

原題:Euro-Area Money Markets Price Rate Cut as Draghi Talks Stimulus(抜粋)
Euro Aside, European Markets Can’t Help Loving Draghi’s Pledge
French 10-Year Bond Yield Declines to 0% for the First Time

(第2、5段落で利下げ時期予想と相場を更新しユーロ圏の当局者の発言について追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE