コンテンツにスキップする

ドラギECB総裁、見通し改善なければ追加の景気刺激が必要

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は18日、リスク見通しは依然「下方向に傾いている」とし、見通し改善がなければ追加の景気刺激措置が必要になると述べた。

  ECBの政策手段には利下げと追加の量的緩和(QE)が含まれ、資産購入についてはまだ余裕があると言明した。「長引くリスクが輸出および特に製造業に悪影響を及ぼした。インフレの目標に向けた持続的回復は脅かされている。改善がなければ、さらなる刺激策が必要になるだろう」と語った。

  また、ECBは「インフレ調整軌道の変動をバイアスと条件に反映させる」ことで、フォワードガイダンスを強化できるとも述べた。

原題:Draghi Says More Stimulus Needed If Outlook Doesn’t Improve(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE