コンテンツにスキップする

中国1位は終焉へ、インドが27年ごろ人口世界一に-大変化到来

  • 欧州も人口減少進む-英国やスイス、北欧の一部は例外的に増加へ
  • 今は世界で5人に1人が中国人、2100年まで10人に1人未満に
Pedestrians make their way through traffic in Chandni Chowk in the Old Delhi area of New Delhi, India.
Pedestrians make their way through traffic in Chandni Chowk in the Old Delhi area of New Delhi, India. Photographer: Sanjit Das/
Pedestrians make their way through traffic in Chandni Chowk in the Old Delhi area of New Delhi, India.
Photographer: Sanjit Das/

世界の人口動態が大きく変化しつつある。高所得国の人口は20年以内にピークに達すると見込まれ、多くの経済大国ではすでに減少している。

  国連の最新データによれば、欧州では大半の国で人口が減少し、現在の7億5000万人近くから2100年までに約6億3000万人と、1億2000万人減る見通し。イタリアだけで2000万人減り、ドイツは900万人、アルバニアとモルドバ、セルビアは人口が半減すると予想されている。

Most Populous: 2100 Top 10

Source: United Nations

  一方、英国は1000万人増える見込み。ノルウェーとスウェーデン、スイス、アイルランドも人口が増えそうだ。

  インドは2027年前後に中国を抜き、人口世界一となる見通し。中国の人口は2100年までに3億7500万人減ると予想され、今は世界人口の5人に1人が中国人だが、2100年までにはその割合が10人に1人未満になる。

Most Populous: 2020 Top 10

Source: United Nations

  世界の人口は2050年に97億人に達し、2100年ごろに110億人近くでピークとなる見通し。

New World Population Order

By 2100, less than one in 10 people will be Chinese, down from almost one in five today

Source: United Nations

原題:China’s Reign as World’s Most Populous Country Could End Soon、Top-10 Most Populous Countries Are Seen Shifting by 2100: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE