コンテンツにスキップする
Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

円の金利スワップのボラティリティー、日銀のサプライズ示唆

  • 2年物円金利スワップのボラティリティーが10年物に近づく
  • 16年のマイナス金利導入の時は2年物が10年物上回っていた
Japanese yen and U.S. dollar banknotes are arranged for a photograph in Tokyo, Japan on Sunday April 14, 2019. U.S. Treasury Secretary Steven Mnuchin said he wanted a currency clause in a trade deal with Japan to prevent deliberate manipulation of the yen to bolster exports, Japanese public broadcaster NHK said.
Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

金利市場の難解な指標が、日本銀行からのサプライズを示唆している。

  ブルームバーグがまとめたデータによると、2年物円金利スワップの3カ月間のインプライド・ボラティリティーは2017年2月以来の高水準に達し、10年物スワップのボラティリティーに接近している。スワップのオプションであるいわゆる「スワップション」が示すボラティリティーは、日銀が2016年にマイナス金利政策を導入して市場を驚かせたとき、2年物が10年物を上回っていた。

  JPモルガン・チェースは、予想される米利下げによるリスクを回避するため日銀が9月に、短期金利(日銀当座預金の一部に適用の政策金利)をマイナス0.1%からマイナス0.3%に引き下げると予測している。日銀は今月19、20両日に政策決定会合を開く。

Swaptions signal expectations of a BOJ surprise similar to 2016

  バンクオブアメリカ・メリルリンチの大崎秀一チーフ金利ストラテジストはスワップションの動きについて、日銀が短期金利を引き下げた場合の金利低下を見込んだものだろうと述べた。日銀がイールドカーブの一段のフラット化を避けようとしていることを考えると、10年物国債利回りの目標変更より短期金利引き下げの可能性が高いと市場はみているのだろうと分析した。

  ブルームバーグがエコノミスト50人を対象にまとめた調査で、今週の政策変更予想はゼロだったが、次のステップとして日銀が緩和を強化するとの予想が62%あった。4月調査の48%から上昇していた。

原題:Yen Swaptions Signal 2016 Redux as Bets for BOJ Rate Cut Climb(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE