コンテンツにスキップする

クレディS、株式相場の「メルトアップ」予想-強気判断撤回から一転

  • MSCI・ACワールド指数が年末までに6%上昇すると予想
  • 多くの投資家は株式相場を過小評価している可能性

クレディ・スイス・グループのストラテジストは2週間前に株式相場に対する「オーバーウエート」の投資判断を撤回していたが、今や相場上昇の方向にリスクが傾斜しているとの見方を示している。

  アンドルー・ガースウェイト氏率いるアナリストは17日の顧客向けリポートで「メルトダウンよりも『メルトアップ』のリスクの方が高いと考えており、大半の顧客よりもわれわれの見方の方がポジティブであることが分かった」と指摘した。

  公平を期すために言えば、ストラテジストたちの年末までのMSCIオール・カントリー・ワールド指数の上昇率予想は6%にとどまっているほか、貿易協議や経済データ、業績修正を巡る状況がさらに明確になるまで、より力強い見通しを示すことに慎重な姿勢を示している。ただ、金融政策緩和や企業業績の伸び回復見通しを受け、クレディ・スイスは株式相場について一段の上昇が可能だと楽観視している。

Global equities have been rebounding in June on softer monetary policy optimism

  多くの投資家が株式相場を過小評価している公算があると、アナリストらは指摘。5月に調査した顧客の40%余りが株式リスクプレミアムに基づくバリュエーションの魅力に注意を払わなかったという。株式のバリュエーションは株価収益率(PER)の観点よりもリスクプレミアムの観点から「はるかに魅力的」だと、クレディ・スイスは指摘した。

原題:Credit Suisse Sees Melt-Up Risk Two Weeks After Cutting Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE