コンテンツにスキップする

クレジット市場は 「クレージーリッチ」-JPモルガン

  • 「夢が悪夢に変わる危険性は本当に高い」とスウェドバンク
  • FRBやECBが超ハト派姿勢への期待を裏切れば大幅な値下がりも

世界の成長減速の中で、クレジット市場の投資家は金融緩和への期待からリスク資産の危険な値上がりをあおっている。先週は高格付け債とジャンク債の指数が最高値を更新した。

  景気の先行きに関する不安が、11兆8000億ドル(約1278兆円)相当の債券の利回りをマイナスにした。これがプラスリターンを求める投資家を高リスク領域へと追いやっている。ハト派的な中央銀行が企業の借り換えを助けるとともに、長期の債券に内在する金利リスクを中和してくれると投資家は信じている。

  これは、米連邦準備制度理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)が超ハト派姿勢への期待を裏切れば大幅な値下がりを引き起こすことを意味する。

Corporate bond sensitivity to interest rates jumps near record highs

  スウェドバンクのチーフストラテジスト、オイスタイン・ボーサム氏は「夢が悪夢に変わる危険性は本当に高い」と述べた。景気改善がなければ、リスクプレミアムが拡大するしかないという。JPモルガン・チェースのストラテジストらも、バリュエーションは「クレージーリッチ」だと指摘する。

European credit spreads trade 40bps below January high

  利回り追求がリスク資産の需要を促し、バリュエーションはさらにリッチになるかもしれないが、貿易戦争の激化や金融政策についての予想の誤りなど、不安材料が山積している中でリスクプレミアムが拡大する可能性もある。

  ソール・ドクター氏らJPモルガンのストラテジストは「スプレッドはまだ過去数年のレンジの真ん中付近だが、リセッション(景気後退)が近づいているかもしれないことを考えると、価格は明らかに割高だ」 と最近のリポートに記した。

原題:‘Crazy Rich’ Credit Market Divides JPMorgan to Bank of America(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE