コンテンツにスキップする

バイエルの動物ヘルスケア事業、中国の復星が共同買収提案も-関係者

  • 復星は複数のPE投資会社などと共同買収目指すことを検討と関係者
  • 事業は約9700億円の値を付ける公算とブルームバーグが報じていた

中国の復星国際はドイツのバイエルから動物ヘルスケア事業の買収を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  復星はすでにアドバイザー候補と協議し、複数のプライベートエクイティー(未公開株、PE)投資会社などと共同で買収案を示すことを検討。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。バイエルが今後数週間以内に売却プロセスに着手する可能性があるとも関係者は説明した。

relates to バイエルの動物ヘルスケア事業、中国の復星が共同買収提案も-関係者

ソース:バイエル

  ブルームバーグ・ニュースは先に、バイエルの動物ヘルスケア事業は最大80億ユーロ(約9700億円)の値を付ける可能性があり、KKRやCVCキャピタル・パートナーズ、アドベント・インターナショナル、 ブラックストーン・グループ、EQTパートナーズ、ペルミラなどが応札に関心を示していると報じていた。

  関係者によれば、復星の検討は初期段階で、最終的に買収案を提示しない可能性もある。復星の担当者は開示する情報はないと話した。バイエルの担当者はコメントを控えた。

原題:China’s Fosun Said to Mull Joint Bid for Bayer Animal Health (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE