コンテンツにスキップする

【NY外為】ドルが小幅高、FOMC控え様子見-ポンドは下落

更新日時

17日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが小幅高。米連邦公開市場委員会(FOMC)会合を控えて様子見姿勢が強まった。一方でポンドは5カ月ぶり安値に下落。英国では、次期首相を選ぶ保守党党首選の2回目の投票が18日に行われる。

  • ニューヨーク時間午後4時50分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%高。朝方は、ニューヨーク連銀製造業景況指数の大幅な低下を嫌気してこの日の安値に下げる場面もあった。6月の同指数は前月から26.4ポイント低下してマイナス8.6と、2016年10月以来の低水準
  • ウェルズ・ファーゴのストラテジスト、エリック・ネルソン氏:
    • 「低調な米経済指標がドルには下押し圧力となった」
    • 「FOMC会合の不確実性や重要度を踏まえると、投資家は会合を控えた状況ではどちらの方向にも強くコミットしたくはないだろう」
  • ドルは主要10通貨に対して高安まちまち。ポンドとオーストラリア・ドルは1月以来の安値に下落
  • FOMCは19日に政策決定を発表する。フェデラルファンド(FF)金利先物動向によると、年末までに約60ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利下げが示唆されている。今週はイングランド銀行(英中央銀行)や日本銀行も政策会合を開催する
  • ユーロは対ドルで0.1%高の1ユーロ=1.1218ドル
    • 欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は、景気を支えるために必要であればECBは行動の用意があり、数カ月内にそのような決断に直面する可能性があるとの認識を示した
  • ドルは対円でほぼ変わらずの1ドル=108円52銭
    • 中国の習近平国家主席は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長からの招待で、今週20、21両日に北朝鮮を訪問すると、中国国営の新華社通信が伝えた
  • ポンドは0.4%安の1ポンド=1.2534ドルと、「フラッシュクラッシュ」が発生した1月3日以来の安値

欧州時間の取引

  欧州時間はドルが前週末の堅調を維持。FOMCや日銀などの政策会合が控える中でも、ややリスクオンの地合いが続いた。前週末の14日は、小売売上高などの米経済指標が好調でドルが上昇していた。

原題:Dollar Rises Amid Mixed Economic Data Before Fed: Inside G-10(抜粋)

(情報を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE