コンテンツにスキップする

ドイツ銀行の脱税調査、現・元最高幹部に及ぶ-関係者

  • 最盛期には疑惑の取引「CUM-EX」しかしない顧客も受け入れ
  • ドイツ銀、直接的にCUM-EX取引に参加したことはない

10年以上にわたりドイツ史上有数の金融スキャンダルがドイツ銀行につきまとっていた。

  そのスキャンダルがいまや、ドイツ銀行最高幹部に迫りつつある。事情に詳しい複数の関係者によると、いわゆる「CUM-EX」疑惑で同行と関わりを持ち、検察の調べを受けている80人の中に同行投資銀行部門責任者ガース・リッチー氏、元最高経営責任者(CEO)のヨゼフ・アッカーマン氏、元共同CEOのアンシュー・ジェイン氏がいる。苦境が続くドイツ銀の立て直しを図るクリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)にとっては、これ以上ない不安定な時期に捜査が進んでいることになる。

  CUM-EXは1回しか支払われていない配当の税金について複数が税還付を要求できるようにしていた取引で、他にも関わっていたとされる銀行はある。ドイツ銀はこの取引に買い手としても売り手としても参加したことはないとの主張を維持している。だが、ブルームバーグが閲覧した同行の内部文書やドイツ捜査当局の動向に詳しい関係者によると、顧客にCUM-EXのサービスを提供して利益を得ていた実態が浮かび上がる。

  CUM-EX顧客がドイツ銀から受けていた融資は10億ユーロ(約1220億円)に上る。この取引が最も活発だった2008年から11年には、CUM-EXしかやらない顧客も受け入れていた。関係者によると、ドイツの捜査当局は同行がCUM-EXを専門に行う業者と利益配分協定を結んでいたことも突き止めた。09年に退社したサイモン・ピアソン、ジョー・ペンナ両氏ら元マネジャーが行内でこの業務に主に関与していたという。

  この取引を巡っては数々の捜査が進行中で、17日にはフランクフルト検察が複数の住居やオフィスを家宅捜索した。ドイツ銀とは直接関係のない捜査だという。

原題:Deutsche Bank’s Ties to Cum-Ex Scandal Ran Deep in Prime Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE