コンテンツにスキップする
Photographer: Dhiraj Singh/Bloomberg

インドが米国に報復関税、米GSP適用除外で-28品目対象

  • トランプ大統領はインドを一般特恵関税制度から除外
  • 関税引き上げによる追加収入は約2億1700万ドル-PTI
Shipping containers sit stacked at a freight depot near the Jawaharlal Nehru Port, operated by Jawaharlal Nehru Port Trust (JNPT), in this aerial photograph taken in Navi Mumbai, Maharashtra, India, on Saturday, May 25, 2019. President Donald Trump opened another potential front in his trade war on May 31, terminating India's designation as a developing nation and thereby eliminating an exception that allowed the country to export nearly 2,000 products to the U.S. duty-free.
Photographer: Dhiraj Singh/Bloomberg

インドは米国からの一部輸入品への関税を16日に引き上げた。米国がインドを一般特恵関税制度(GSP)の対象から除外したことを受けた措置。

  15日遅くに公表された政府通知によると、対象はひよこ豆、リン酸、りんご、アーモンド、クルミなど28品目。通信社PTIによると、関税引き上げによる追加収入は約2億1700万ドル(約240億円)の見通し。
  
  トランプ米大統領はインドを一般特恵関税制度(GSP)から外した。それまでインドはこの制度を利用して皮製品や医薬品、化学品、プラスチック、一部の農産物など2017年時点で57億ドル相当を米国に輸出していた。

原題:India Increases Tariffs on U.S. Goods as Trade War Heats Up (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE