コンテンツにスキップする

ムーディーズ、トルコを「B1」に格下げ-デフォルトリスクで

  • 米国の制裁措置の可能性がトルコ経済に影落とす-ムーディーズ
  • トルコの格付けは、投資適格級を4段階下回る水準に

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは14日、トルコの国際収支危機と政府のデフォルト(債務不履行)のリスクが高まっていることを理由に、同国の信用格付けを引き下げた。

  14日の発表文によると、トルコの長期発行体格付けを「Ba3」から「B1」に格下げした。格付け見通しは「ネガティブ(弱含み)」。B1は投資適格級を4段階下回り、ヨルダンやギリシャ、ウズベキスタンと同水準。

  ムーディーズは「リスクのバランスがしっかりと下向きに傾いている」とし、「時間が経過すればするほど、国際収支危機で信用に悪影響を及ぼす方向から政府が脱却する力は低下する」と指摘。トルコによるロシア製ミサイル防衛システムの「購入が前進した場合に米議会が制裁を検討すれば、トルコ経済と金融システムにさらに影を落とす」と付け加えた。

原題:Turkey’s Rating Cut Deeper Into Junk by Moody’s on Default Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE