コンテンツにスキップする

VIXが株式に慎重促す、弱気の兆候か-悲観派ストラテジストが警告

  • リスク資産が売られた昨年12月のパターンにも-チェッキーニ氏
  • チェッキーニ氏、年末のS&P500種を2500と予想-調査で最も弱気

ウォール街で「恐怖指数」とも呼ばれるシカゴ・オプション取引所のボラティリティー指数(VIX)は、算出開始以来の平均が19前後だ。従って、13日終値の15.8は警戒を呼ぶ水準ではない。しかし、キャンター・フィッツジェラルドのグローバルチーフマーケットストラテジスト、 ピーター・チェッキーニ氏は慎重になるべき理由があると考える。

  同氏は13日付のリポートで、S&P500種株価指数が現在の水準付近にあり最高値を更新していた昨年8月、VIXは12.5前後だったと指摘。しかし、11月にVIXが現水準に近づいた時、株式相場は短期的に高値を付けた直後に12月のリスク資産売りに見舞われた。

  同氏はVIXの水準について、「これは株価にとって弱気の兆候かもしれない」として、大型株の売りを続けていると明らかにした。年末のS&P500種は2500と予想している。これはブルームバーグがモニターしているストラテジストの中で最も弱気の予想だ。

VIX level mirrors that seen before December stock slump, Cantor says

原題:Wall Street’s Top Pessimist Says VIX May Be Flashing a Warning(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE