コンテンツにスキップする

トルコ、ロシア製MD購入で米制裁なら報復措置打ち出す-外相

  • 報復措置の用意、すでに進めている-チャブシオール外相
  • トルコ・リラは2週間ぶり安値、株価指数も下げに転じる

トルコのロシア製ミサイル防衛システム購入で米国が制裁を打ち出す可能性に備え、トルコはすでに報復措置の用意を進めており、独立と自由を守るためその行為で生じる結果にも耐える覚悟があるとチャブシオール外相が14日述べた。

  同外相はテレビ放映された国営アナドル通信とのインタビューで「大統領の指揮の下、われわれはすでに対抗措置に取りかかっている」と言明。「米国がトルコに悪影響をもたらす措置をとるのなら、われわれも講じる策がある」と語った。

  この発言を受け、トルコの主要株価指数であるイスタンブール100種指数は下げに転じた。トルコ・リラは下げ幅を拡大し、ドルに対して1%安の1ドル=5.9293リラと2週間ぶりの安値を付けた。

原題:Turkey Vows to Retaliate Any U.S. Sanctions on Russian Missiles(抜粋)
Turkish Stocks Drop After Cavusoglu’s Comments on Retaliation
Turkish Lira Extends Loss as Traders Brace For S-400 Fallout

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE