コンテンツにスキップする
Photographer: Allison Joyce/Bloomberg

ゴールドマンが働き掛け、訴訟より仲裁で解決を-マーカスの顧客に

  • マーカスは貯蓄口座と個人向け融資を提供している
  • ゴールドマンは仲裁を選ぶ顧客のために費用の一部を負担する
Goldman Sachs Group Inc. headquarters stands in New York, U.S., on Wednesday, Dec. 19, 2018. Equities are the place to be in 2019, according to a senior money manager at Goldman Sachs Asset Management. The company, which says it oversees more than $1 trillion, is betting that global growth will extend into next year, giving support to stock fundamentals.
Photographer: Allison Joyce/Bloomberg

米銀ゴールドマン・サックス・グループは消費者金融事業を手掛けるマーカス部門の顧客に対し、訴訟ではなく仲裁で問題を解決するように働き掛けている。

  マーカスは貯蓄口座と個人向け融資を提供している。ゴールドマンは、仲裁を選ぶ顧客のために費用の一部を負担する。大手銀行は問題解決の手段として仲裁を好む。

  銀行は訴訟よりも仲裁の方が迅速で費用も安いと説いているが、消費者保護活動家らは金融機関の説明責任回避につながると主張する。JPモルガン・チェースは先週、クレジットカード保有者に対する仲裁強制を再開したことで批判を受けた。

  ゴールドマンの広報担当アンドルー・ウィリアムズ氏は、顧客は後で訴訟に変更することもできるが、「仲裁の効率とコスト節減、柔軟性」が同行の制度によって利用しやすくなると説明した。

  米紙ニューヨーク・ポスト(NYP)が12日、マーカスの提案について報じていた。

原題:Goldman Offers Incentives to Keep Marcus Clients Away From Court(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE