コンテンツにスキップする

米半導体株、時間外で下落-ブロードコムが需要の「幅広い鈍化」予想

  • ブロードコムは通期売上高見通しを下方修正
  • コルボ、TI、エヌビディア、アナログ・デバイセズも下落
An employee in protective clothing inspects a circuit board.
An employee in protective clothing inspects a circuit board. Photographer: Hannah Reyes Morales/Bloomberg
An employee in protective clothing inspects a circuit board.
Photographer: Hannah Reyes Morales/Bloomberg

13日の米株式市場時間外取引で、ブロードコムが需要の「幅広い鈍化」を理由に通期売上高見通しを下方修正したことを受け、半導体株が下落した。ブロードコムの下方修正は半導体業界の変調を示す最新の兆候となった。

  フィラデルフィア半導体指数に連動する上場投資信託(ETF)、iシェアーズPHLXセミコンダクターETF(銘柄コード:SOXX)は一時1.4%安を付けた。ブロードコムのホック・タン最高経営責任者(CEO)は発表資料で、顧客が在庫水準を減らしているため、同社は「控えめのスタンス」を取っていると説明した。同CEOはわずか3カ月前には、今年下期に同社はプラス成長に戻ると述べていた。ブロードコムは時間外で一時7.5%安となった。

  そのほかコルボは一時5.2%安、テキサス・インスツルメンツ(TI)は2.1%安を付けた。エヌビディアとアナログ・デバイセズはともに1%強下げた。

Semiconductor ETF fell as much as 1.4% after Broadcom cut its forecast

原題:Chip Stocks Slip as Broadcom Sees ‘Broad’ Slowdown in Reversal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE